精神保健福祉士・精神保健分野の福祉職Top >  PSWの国家試験 >  PSWの国家試験の概要

ケアマネらくらく合格勉強法〜1冊の問題集で1ヶ月で合格〜
ケアマネらくらく合格勉強法〜1冊の問題集で1ヶ月で合格〜

PSWの国家試験の概要

【国家試験の概要】
国家試験は毎年1回、1月下旬実施実施されます。
試験内容は筆記試験(13科目)のみで、2日間に分けて行われます。

〜第7回試験(平成17年実施)の場合
◎試験期日
平成17年1月22日(土)・23日(日)
◎受験申込書の受付(提出)期間
平成16年9月9日(木)から10月8日(金)まで
※『受験の手引』(受験の申込みに必要な書類)配布期間:9月上旬から10月上旬
◎試験地
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
◎試験科目 13科目
【1日目(午後)】
(1)精神医学、(2)精神保健学、(3)精神科リハビリテーション学、(4)精神保健福祉論、(5)精神保健福祉援助技術、
【2日目(午前)】
(6)社会福祉原論、(7)社会保障論、(8)公的扶助論、(9)地域福祉論、(10)心理学、(11)社会学、(12)法学、(13)医学一般

※社会福祉士有資格者は、申請すれば2日目の(6)〜(13)は免除。
※2日目(午前実施)は「社会福祉士国家試験」と共通する8科目。2日目午後に実施される「社会福祉士国家試験」の専門科目5科目(老人福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、社会福祉援助技術、介護概論)を受験すれば、精神保健福祉士と社会福祉士の同年度受験が可能。

◎精神保健福祉士国家試験合格基準
次の2つの条件を満たした者を合格者とする。
(1) 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
(2) (1)を満たした者のうち、試験科目(ただし、精神保健福祉援助技術については、「一問一答問題」と「事例問題」をそれぞれ別個の試験科目とみなす。)14科目(ただし(注)2に該当する者にあっては、6科目。)の各科目すべてにおいて得点があった者。
(注)
1  配点は1問1点の160点満点である。
2  精神保健福祉士法施行規則第6条の規定による試験科目の一部免除を受けた受験者にあっては、配点は、1問1点の80点満点である。

ケアマネ独立支援 独立開業マニュアル
ケアマネ独立支援 独立開業マニュアル

ケアマネ独立支援 独立開業マニュアル

関連エントリー

精神保健福祉士・精神保健分野の福祉職Top >  PSWの国家試験 >  PSWの国家試験の概要

Edit



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気blogランキングへ

  • seo

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加